医者と同じく国家資格を持っている柔道整復師

体が疲れてしまったり、長時間のデスクワークなどによって、肩や腰などが筋肉のコリによって傷めてしまうと、なかなか普段の生活がしづらくなってしまいます。
これは、筋肉が炎症を起こしていることなどが原因となる事もありますが、傷みが軽度の場合は、マッサージなどをして血流をあげると、軽減される事が多いです。



もし、自分で行える簡単なマッサージでは、傷みが軽減されない場合には、専門の医者に診てもらう事も必要です。

もし、マッサージなどで治療できるのであれば、柔道整復師による柔道整復を受ける事のもよいでしょう。



柔道整復師になるには、国家試験に合格試験を受けて合格しなければなりません。

それゆえに、柔道整復師というものは、れっきとした国家資格という事になります。また、柔道整復を行う事ができるのは、医者と柔道整復師だけになっています。



柔道整復には、体の一部だけをマッサージするというよりも、足から腰、そして胴体から首までマッサージする事によって、体全体のバランスを整える事によって、体の不調を整えるという方法をとる事が多いですので、体一部の筋肉をほぐすことによって起こる、体の不均衡を抑える事が出来ます。もちろん、医療に関係した国家試験を持っていますので、打撲やねんざなどといった症状でしたら、医者と同じく治療を行う事が可能となっています。
医療行為を行う際には、保険が適用されますので、医療費に対する負担がとても軽くて済むのもありがたいです。